スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

「生ましめん哉(かな)」

原爆が投下されてから今年で62年。

ラーメン屋でバイトをしていた時の店長が、自分の叔母の原爆体験を話してくれた事があります。

『体育の時間だった。校庭で跳び箱を飛ぶ授業だった。叔母さんの番がきて、叔母さんは跳び箱を飛んだんだ。
その時、何のはずみなのか、跳び箱が崩れてしまい、叔母さんは跳び箱の下にすっぽりと入ってしまった。
瞬間、轟音とともに地響きが耳をついた。
何があったのかわからなかった。
叔母さんはじっとしていたが・・・・・静まったので、そっと跳び箱をどかして外へ出た。

周りに何もなくなっていた。

先生も。

周りに車座に座っていたはずの級友も。

何もなくなっていた』


偶然に跳び箱が崩れて助かった命の奇跡。


8月6日付の読売朝刊の編集手帳にこんな言葉がありました。

ビルの地下室に、うめき声と血のにおいが充満していた。
原爆で壊滅した広島の夜、蝋燭(ろうそく)もない闇のなかで妊婦が産気づく。
栗原貞子さんの詩「生ましめん哉(かな)」である

◆私は産婆(さんば)です、産ませましょうと、ひとりの重傷者が名乗り出る。やがて産声が聞こえた。

「かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ/生ましめん哉/生ましめん哉/己(おの)が命捨つとも」

◆赤ちゃんは女の子で「和子」と名づけられた。小嶋和子さんはいま、息子さんと広島市内で食事と酒の店を営んでおられる。誕生日は原爆投下の2日後、もうすぐ62歳になる

◆亡き母は被爆体験をほとんど語らず、和子さんは高校に上がるまで詩のモデルであることを知らずにいた。「胎内被爆した娘が世間から偏見をもたれないように、という気遣いだったのでしょうね」

◆開店前の忙しい夕刻、和子さんは仕事の手を時折やすめつつ話してくれた。いまは栗原さんの詩が朗読されると、生まれ出る身ではなく、地獄のような夜の底に命がけで産んでくれた母の身になって聴くという。涙がとまらない、と

◆一個の光が闇の深さを伝えることもある。希望の結晶ともいうべきひとつの生命から、おびただしい死者の絶望が浮かび上がることもある。地下室の産声はいつまでも、言葉なき語り部でありつづけるだろう。
(読売新聞 - 08月06日 01:42)



原爆投下された夜に我が子を産んだ母親。

自分の命と引き換えに、新しい命を誕生させた産婆。

そして・・・・・・・・・・・産声をあげた赤子は、希望であったのではないかと感じます。

我が子の産声を聞けた時の母親の想いは、どれほどのものだったのでしょう。

その時に生まれた赤子は成長し、地獄のような夜の底に命がけで産んでくれた母の身になって、この詩を聴くという。涙がとまらない、と。

けれども62年経ったいま、赤子に希望をみることも、我が子を慈しむ母親の姿も幻影のように揺らいでいます。


**********************************************************

<秋田園児殺害>諒介ちゃん殺害 母に懲役14年

 秋田県大仙市で昨年10月に起きた保育園児、進藤諒介ちゃん(当時4歳)殺害事件で殺人罪に問われた母の無職、進藤美香被告(32)に対し、秋田地裁は6日、懲役14年(求刑・懲役15年)を言い渡した。藤井俊郎裁判長は「母親としてあるべき愛情は全く見いだせず、自己中心的で冷酷かつ非情」と指弾した。弁護側は控訴しない方針。

 判決によると、進藤被告は06年10月23日、交際相手元県立高校非常勤校務員、畠山博被告(44)=殺人罪で10月に初公判予定=と大仙市の「道の駅」に止めた車内で抱き合っていたところ、長男の諒介ちゃんが騒いだため立腹

進藤被告が素手で殴り、畠山被告が頭を缶で殴り首を絞めるなどして失神させた。

畠山被告から「お前のこと一生面倒見るから」などと暴行隠ぺいのための殺害を懇願され、進藤被告が諒介ちゃんを農業用水路に投げ込み、窒息死させた。【百武信幸】毎日新聞

秋田県大仙市の保育園児進藤諒介ちゃん=当時(4つ)=殺害事件で、交際相手とともに殺人罪に問われた母親の進藤美香被告(32)の判決公判が6日、秋田地裁で開かれ、藤井俊郎裁判長は「母親としてあるべき愛情は全く見いだせず、自己中心的で冷酷かつ非情だ」と述べ、懲役14年(求刑懲役15年)を言い渡した。被告側は控訴しない方針。

 藤井裁判長は、諒介ちゃんへの暴行の発覚を恐れた交際相手の元高校非常勤技師畠山博被告(44)に結婚をほのめかされ、進藤被告が事故死を装って殺害したと認定。「わが子の命と、結婚や処罰を免れる自己保身をはかりに掛け、子どもを救おうとしなかった」と厳しく非難した。 [時事通信社]
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私は呟いてしまいます。

「かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ/生ましめん哉/生ましめん哉/己(おの)が命捨つとも」

と。

posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 12:58 | comments(11) | - |

離婚家庭の子どもの問題。真剣に考えてください。


また、立て続けに家庭内での子どもに対する虐待が起こりました。

離婚家庭の子どもの問題。もっと真剣に考えてください!!

*********************************************************

<児童虐待>29歳逮捕 妻の連れ子全身にろうそく 北海道

 妻の連れ子で小学1年の長男(7)にろうそくを垂らしてやけどを負わせたとして、北海道警苫小牧署は6日、苫小牧市の会社員、川村和也容疑者(29)を傷害容疑で逮捕した。長男は100カ所以上にやけどをしていたほか、古いやけど跡もあることから、虐待を繰り返していたとみて追及する。
 調べでは、川村容疑者は7月19日午後9時ごろ、自宅で長男を全裸にし、火のついたろうそくのろうを全身に垂らして全治約3週間のやけどを負わせた疑い。「外出しないよう約束したのに言うことを聞かなかったので、しつけでやった」と話しているという。
 担任教諭が20日、長男の腕にやけど跡があることに気付き、児童相談所に届け出て発覚した。
 川村容疑者は06年1月に妻と結婚。2人の間に生まれた乳児2人と妻の連れ子の長男、長女(5)の6人家族。長男は顔にたばこを押しつけられたような傷跡があり、長女の体にもやけど跡が見つかったという。長男と長女は児童相談所に保護された。【坂井友子】(毎日新聞 - 08月06日 20:31)

 小学1年の長男(7)に火を付けたろうそくのろうを垂らし、けがを負わせたとして、北海道警苫小牧署は6日、傷害容疑で父親の会社員川村和也容疑者(29)=北海道苫小牧市=を逮捕した。同容疑者は「(長男が)外出禁止の約束を破ったのでやった」と話しているという。
 やけどは腹部や背中など全身の100カ所以上に及んでいた。5歳の長女の右手にも数カ所のやけどの跡があるという。長男のやけどの跡には古いものもあり、同署は虐待が以前から行われていた疑いもあるとみて調べる。
 調べでは、川村容疑者は7月19日午後9時ごろ、自宅アパート内で、長男を裸にして机の上に寝かせ、体の上に火を付けたろうそくのろうを垂らし、約3週間のやけどを負わせた疑い。 (時事通信社 - 08月06日 21:11)

*********************************************************

<児童虐待>父親逮捕 小6長男を木刀などで殴る 神戸

 兵庫県警長田署は6日、小学6年の長男(11)を木刀などで殴ってけがを負わせたとして、神戸市長田区萩乃町3の無職、中嶋敦容疑者(40)を傷害容疑で逮捕した。

 調べでは、中嶋容疑者は7月9日午後10時ごろ〜10日午前4時ごろ、自宅居間に長男を正座させて「金とったんちゃうか」などと詰問しながら木刀やゴルフクラブで頭や腕を殴り、軽傷を負わせた疑い。中嶋容疑者は「しつけの度が過ぎた」と容疑を認め、長男は「金をとったりしていない」と話しているという。中嶋容疑者は長男と小学3年の長女(8)の3人暮らし。

 10日午前10時ごろ、血を流して小学校の近くを歩いていた長男を近所の男性が見つけて児童相談所に連れて行き、児相職員が同署に通報した。【津島史人】 (毎日新聞 - 08月06日 23:11)


*********************************************************


1番目は、再婚相手による子どもの虐待。

これを、離婚後、お子さんと離れて住むようになったお父さんが聞けば、どんな思いでしょうか?

きちんとお子さんと会わせてもらえていたんでしょうか?

それとも、離婚しちゃえば、もう俺は父親じゃないとでも言って、ほったらかしだったんでしょうか?


どちらにしろ無責任すぎます。

母親も父親も離婚をするのは勝手ですが、きちんと子どもの養育監護をしていく義務があるのではないですか?

それが親ではないのですか?

離婚した相手は憎いから、もう関わりたくないという気持ちは捨ててほしい。

もしも、父親が会いたがっていたにも関わらず、お子さんを引き離していたならば・・・・・・・・・・。

母親も子どもを虐待していたのと同じことなのではありませんか?

しかも、虐待が繰り返されても見てみぬをふりをして我が子を救えない母親など言語道断です!!


2番目は、この記事からだと父子家庭が離婚してだというならば、DV夫に子どもを奪われた悲劇の典型的な形に思えます。


日本の法律では、子どもは連れ去った者勝ちです。子どもの福祉を考えるなんてキレイ事を言っていますが、現実はどうですか?

DV夫に子どもを奪われて、そこで子どもは生活に慣れて成り立ってる、精神が落ち着いていて大丈夫だとか言われて裁判しても負けて母親は親権も取れずに離婚。

面接交渉もDV夫から退けられたでしょう。同居親が拒めば、別居親は会うこともできなくなるのですから。

DVから必死で逃げての惨劇。


いったい、あと何人の子どもが、虐待の悲劇に合わなければ、皆、この問題に目をむけないのでしょうか? 

離婚は、もはや夫婦の問題。家庭の問題は不介入では済まされないのではないのでしょうか? 



*********************************************************

<殺人>母親が心中図り2歳児殺害か 秋田・大仙


 秋田県大仙市の墓地で昨年1月、同県美郷町に住む佐々木拓道ちゃん(当時2歳)が石のようなもので頭部を殴られて死亡していた事件があり、県警がその後の捜査で、現場にいた母親が無理心中を図って拓道ちゃんを殺害したという見方を固めたことが分かった。母親はこれまでの任意の聴取に殺害を否認する内容の話をしているが、県警は近く、殺人容疑で本格的に調べる方針。

 調べなどによると、06年1月30日夜、母親が拓道ちゃんを乗せて運転していた軽乗用車が大仙市飯田の市道でガードレールに衝突。車が炎上し、通行人の通報で駆け付けた消防隊員が、事故現場から約300メートル離れた墓地で拓道ちゃんが倒れているのを発見した。

 頭に石のようなもので殴られた傷があり、付近に血の付いた石があった。母親が拓道ちゃんの近くに立っており、県警は直前の事故や発見時の不自然な動作などから、拓道ちゃんを殺害して自殺するつもりだったとみている。さらに、拓道ちゃんが車の事故で死亡した可能性と、母親が殺害した可能性の両面から慎重に捜査。頭部の傷などから殺人の疑いが強まった。
(毎日新聞 - 08月07日 03:11)

********************************************************

子どもを道連れの無理心中も、ここの所、立て続けに起きていますね。


悩むなら、どこかに相談してほしい。いま、行政でも相談室は設置されています。

お願いですから幼い子どもを道連れにしないで。

死ぬ気で生きれば、何だってできます。 


posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 12:34 | comments(0) | - |

ペアレンティング

現在、欧米では共同ペアレンティング(共同親責任) という考え方が普及しているそうです。

面接交渉においては、監護者制度の元で付きまとっていた子供の所有者イメージを廃し、面接交渉が子供の権利として明文化されたのだとか。

そして、これを実行するにあたり、まずは、いがみあう夫婦を、子供の父母という立場で再教育させるプログラムがあるようです。

これ、面白いですよね〜〜

日本でも絶対に取り入れるべきです!!
posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 22:28 | comments(0) | - |

別居親子の面会橋渡し 道内初、有料で連絡調整 札幌の弁護士ら8月に支援組織

別居親子の面会橋渡し 道内初、有料で連絡調整 札幌の弁護士ら8月に支援組織(04/15 08:16)

 離婚などで別れて暮らす親子の面会を支援しようと、札幌の弁護士と札幌家庭裁判所の調停委員経験者ら二十数人が八月に、「札幌おやこ面会交流の会(略称・綾(あや)の会)」を結成する。両親間の連絡調整や面会場所の提供などを有料で行う計画で、同様の組織は関東地方などにあるが、道内では初という。

 設立準備会代表の内田信也弁護士によると、子を持つ夫婦の離婚交渉の約八割は、子どもとの面会でもめるという。離婚後は母親が子どもと暮らし、父親が面会を求める場合がほとんどだが、両親の感情的なもつれで、連絡すらできない場合が少なくない。

 同会が支援するのは、子どもとの面会を合意したのに、片方の親が相手への恐怖感や嫌悪感などから実現できないでいるケース。両親や子どもとの橋渡し役となり、面会の段取りや日時、場所などを調整する。ただ、面会を拒む親を説得するような活動はしない。

 当面の活動範囲は札幌とその周辺で、連絡調整料金は二、三千円程度とするが、依頼者との事前面接・申込料金は未定。将来的には、子どもの受け渡しや、面会の付き添いも行いたい考えだ。内田代表は「子どもが、一緒に暮らしていない親と面会するのは、子の成長や発達にとって極めて重要だ」と強調する。

 準備会は二十一日、五月十二日、六月二日と同二十三日(いずれも午後一時半から)に、札幌市教育文化会館(中央区北一西一三)で設立記念セミナーを開く。弁護士や学識経験者が離婚と親子をテーマに話す。無料。問い合わせは、内田代表(電)011・231・1888(北海道合同法律事務所内)へ



北海道新聞の記事です。

いいなあ〜羨ましいぞ北海道民!!

NPOびじっと・離婚と子ども問題支援センター
http://www.npo-visit.net/
posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 15:56 | comments(0) | - |

赤ちゃんポスト

赤ちゃんポストの是非が問われているけれども・・・・私の個人的意見としては、いいのではないかと思います。

子供を産みたくても産めない、育てたくても育てられない女性たちにとって、一条の光明となるのではないでしょうか?

我が子と引き離された母親としては、本当に殺したり捨てたりするなら私にください!!と叫びたいです。

このまま宝と引き離されたまま、この手で育てられないのだとしたら・・・・・・・このクダラナイ、でも簡単には終りに出来ない戦いのために、新たな自分の子供を産む時期を逃してしまうのであれば、私はこの赤ちゃんポストから子供を授かりたいと本気で思っています。
posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 22:05 | comments(2) | - |

心の叫びを吐き出しませんか?

いま、私は何をしたいのか?

私は、今の私のような立場の人たちの心に耳を傾けたいです。

離婚というものにぶち当たった時、相談できるところって本当にないんです。

私は、まだカウンセラーの資格を持っていません。

あるのは、現在進行中の体験だけです。

こんな私でも、話を聞くくらいはできます。

どんな問題でも、それを解決できるのは、当事者本人だけです。

でも、誰かに苦しい胸のうちを聞いてもらうだけでも、心が軽くはなりませんか?

よかったら、宝の箱までメールをください。

あなたの心の声を聞かせてください。
posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 23:07 | comments(2) | - |

終わらない戦争

今日の調停で成立するかと思ったら成立しませんでした。

旦那がゴネました。

いま、ものすごく仕事が忙しい。月2回の面会なんかさせられない。と言ったそうです。

調査官が、じゃあ、奥さんにお子さんを養育してもらえば?と言ってくれたそうですが、無駄だったそうです。

旦那からのモラハラ被害を訴えたので、宝だけ面会場所にこさせればいい、と言ってくれた調査官の提案も却下されたようです。

調査官も調停員も結構、頑張ってくれているんだな・・・・・と、いまは思えます。


私の婚費費用についても、3万円+国保+年金では額が多すぎる。まずは私が働いてからにしろ、と言ったそうです。

一度は、それでいいといったのに。っていうか、男としての責任はないのか!? 結婚をなめすぎてる、と思うのは私だけでしょうか??


旦那側の弁護士も随分、説得してくれたようですけどネ。


結構、なんだかんだいっても皆さん、できる限りで頑張ってくれてるんだな〜と思いました。

私も、もっといい方向に向くように頑張ります。


でも、意外にモラル・ハラスメントが法の分野で認識しはじめているようで、少し希望が見えてきました^^
posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 17:40 | comments(0) | - |

溜息

今日は本当は宝との面会日でした。

けれども旦那が会議だとかでキャンセルにされてしまいました。

先週の土曜日も本当は面会日だったんですが、それも旦那が風邪をひいたとかでキャンセルされました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・養育しているか、していないかで、こんなにも理不尽な思いをしなきゃならないなんて。
posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 23:48 | comments(2) | - |

離れている寂しさ

明日は宝の2歳の誕生日です。

陣痛が微弱で、腹を押されて吐きまくっても駄目で、震えが止まらなくなって、緊急の帝王切開になりました。

2年前の明日のお昼に無事に生まれてくれました。

2歳の誕生日を祝ってやりたいのに、旦那からはいまだに何の連絡もありません。

面会の仲介をしてくださるNPO法人からの連絡も遅かったから、旦那も仕事の都合がつかないのかもしれません。

いつ宝と会えるんだろうか??

その事が気になって、なんだか気分がずっとダウン気味です。

明日、会えなくても必ず会える。そう頭で分かってはいても、心は悲しいです。

私も宝の親なのに、傍にいてあげられない理不尽さに胸が割かれそうです。

女は子供を、それこそ死と隣り合わせで生むのです。

それを立ち会って見ていた旦那なのに。自分も子供を産んでいる姑なのに。

子供を取り上げられた悲しみが分からないのか!? 

そう、叫びたくなります。

ココ、きみのせいじゃない―はなれてくらすことになるママとパパと子どものための絵本
ココ、きみのせいじゃない―はなれてくらすことになるママとパパと子どものための絵本
ジェーン プリンス,ヴィッキー ランスキー

この絵本を私の弁護士さんからプレゼントされました。

旦那に対する憎しみが私の中から完璧に消え去る事は、これから先もないと思います。私は、ただの人ですから。憎しみの感情を抑える事はできても消し去る事はできません。

分かっている事は、憎しみは憎しみしか生まないし、旦那を嫌いになれないということです。

はい今日から嫌いです、と言えたら、こんなに憎くも思わずにいられるのに[:ふぅ〜ん:]

宝の立場から見れば、旦那も私も大事な両親です。

だから、旦那に宝をとられたなんて思うのは大きな間違いなのです。絵本の中のココの両親のように宝の両親としてありたいと思います。

でも、ココと比べると宝はまだまだ幼すぎて自分の意思では私に会いに来れません。

旦那が私の存在を認めてくれて、宝に母親と会わせてやろうと思ってくれない限り、私と宝は会えないのです。

なかなか理不尽です。


ただ、この状況になってごく普通で当たり前の事が、実はとても大事で、それができることが本当に有り難いことなのだということを知りました。

宝の2歳の誕生日を祝えた時、私は祝えた事に心から感謝します。

そして、生きていることが本当に有り難いことだと思うでしょう。生きているから宝と会えて誕生日を祝えて、手作りケーキを食べてもらえるんですもの。


旦那に「ありがとう」と告げるでしょう。

旦那がどんな風に思うかは知らないけど、でもこれは本当の気持ちです。旦那がいたから宝が生まれてきて、誕生日を祝えるんですから。



人はいろんな複雑な感情をもって日々生きていくんですね。


いまの私の願いは、宝の誕生日を三人で祝いたい。ただ、それだけです。

そしてこれは最高に贅沢な時間なのだと気づけたのです。
posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 23:48 | comments(2) | - |

共同親権

15日の調停から、理不尽さに苛立ち気味の私でした。

現段階で私と旦那は夫婦です。
宝にとっては旦那も私も親です。

けれども、旦那と私は同じ親権を持っていても子供を養育していない側の私が子供と会うのには、養育している旦那の承諾次第というのは、とても理不尽な話です。

子供はいつまでも今のままじゃない。成長して自分の意思をもてばもっと会えるようになる。

そう皆に言われます。

でも、我が子を自分の手で育てられないというのは悲しいものです。私がそんなに悪いことをしたのか!? と叫びたくなります。

子供にとっては私も旦那も大事な両親だ、ということをどうして旦那は分かろうとしないのか?? 腹立たしくてなりませんでした。

20日に宝が風邪をひいたからと面接をキャンセルされたので、元家裁の調査官をなされていた方の講演を聞きに行き、言われました。

『貴女の言い分が正しいのかもしれない。
でも、そうやって怒るのは、貴女がまだ旦那さんより下にいるからよ。
もう自分の為に生きなさい。
子供がいたらできないことを今のうちにやったらいいわ。
今は夫婦共働きの時代よ。貴女も共働きの母親で、子供には量より質のいい面会をしていきなさい。
どんな人にもいろんな人生があるの。今回の経験で貴女も大きく成長したでしょう?
そしてもっと貴女自身が大きな人間になるには、子供を育てている側の人に、育ててくれてありがとう。貴方達がこんなによく育ててくれているお陰で、私はとても安心していられます、と言いなさい。
直接言うのが困難なら、これをお子さんに言ってごらんなさい。お子さんを介して大人が変わっていきますよ



先生の言われるとおりだとは思います。本当は正月の贈り物を今年も義母に送ろうかと思っていたんです。
けど、元旦明け早々に転出届と国保失効が送りつけられてきたのでやめました。贈り物なんかしたら、こんなもん送ってきて嫌みったらしいとかなんとか言われて火に油を注ぐようなものです。
で、子育て中は、と断念していたカウンセラーの資格取得をこの機会に挑戦しようとも思っていました。
こうなったら自分の人生を謳歌してやる!! とか思っています。

でも、宝を自分の手で育てられない理不尽さが、どうしても私の前向きになろうという気持ちを挫くのです。
先生の言う事はよくわかるんだけど、まだ消化しきれませんでした。


で、22日に友達の行きつけのバーとやらに連れて行ってもらいました。なんだか無性に知らない人と喋ってみたかったんです。
お店はマスターとママさんでやられています。

バナナ酢

お酒の飲めない私は、ママさんお手製のバナナ酢を炭酸で割ったものをいただいてみました。
これが、マジうまっ!! かなり感激しましたわーい

ママさんも離婚経験者でした。
私が、もっと自由に子供と面会させてくれればいいのにと言うとママさんは、それは今は無理よ。離婚してから子供達が相手方と自由に会いたがるのを『嫌で嫌で別れた男と会いたいなんて、お母さんを苦しめる気なの!?』と怒鳴ったのよ、と言われました。
そして、子供はどんなに会えなくても、母親を忘れたりしない。知人の方は、まったく面接させてもらえなかったにも関わらず、子供達が探し当てて母親に会いに来たのよ。子供はちゃんとみているから大丈夫、と言ってくれました。

なんだかこの日以来、少しずつ自分の気持ちが和らいできました。
別居中の旦那からもらう月々3万円の婚費はカウンセラー資格取得のための学費にあてよう。
私は共働きの主婦で、旦那には子供の世話だけじゃなく、資格取得の学費を出してもらっている贅沢者だ、と思えるようになりました。
宝とは毎月ちゃんと会えるんですもの。死に別れたわけじゃないんですもの。

そして出来ることなら、夫婦という関係が終わっても、子供の親としてのパートナーに旦那となれるように、共同親権法が一日も早く成立しますように。この運動を広めたいと思います。

苺酢

いちご酢の炭酸割りで新しい自分の門出に乾杯ぴかぴか
posted by: 宝の箱 | 早急なる共同監護・親権法成立求む!! | 02:13 | comments(0) | trackbacks(7) |