スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

98歳のお祖母ちゃん

20070411_125590.JPG


愛する娘、宝へ


今日は特別養護老人ホームに入所した98歳のお祖母ちゃんに会ってきました。

お前にとっては曾お祖母ちゃんです。

昔から手先の器用な人で、今日もお花を一生懸命に作っていました。

普通は手先が鈍って作れないそうです。

お祖母ちゃんは元気です。

確かに痴呆が進んでるけど、でも記憶以外は物凄くしっかりとしています。

遠くの時計の針を読んで時間も正確に言えるのだから目もいいし、思い出という回路以外は正常なのです。

お祖母ちゃんはね、宝よりもう少し大きくなったころ、すぐに養女に出されてしまって苦労しているから家族というものに、どこか冷めているんです。

だから思い出は封印してしまったのかもしれません。

それでも、家族という温もりをまったく忘れてはいないし、否定もしていません。

曾孫のお前の写真を見て可愛い可愛いと言ってましたよ。

お祖母ちゃんの痴呆が進んでない時、生まれたばかりのお前を抱いてもらった時の事を思い出しました。

お祖母ちゃんに抱かれたお前が笑って、そしてお祖母ちゃんも笑って。

いい写真が撮れた、ありがとうと、お父さんに言いました。

成長したお前を今度は抱いてもらいたいものですね。


宝。

お母さんは思います。

人はみな老いていきます。

老いていったそのとき、本当に幸せだと思えたら。

それが最高の人生の終焉ではないでしょうか。

お母さんも老いていきます。

でも、もう1人ではありません。

いま、みんな子供を産まないし、結婚すらしない時代だけど、それはとても悲しいことです。

お父さんとお前と離れ離れになっていて、きっと皆はお母さんは不幸だ。やっぱり結婚は難しいと思うでしょう。

でも、結婚は本当にいいものです。

結婚しなければ手に入らないものの何と多いことか。

宝。

お母さんは人生の終焉の瞬間、幸せだと思うことができるでしょう。

本当に生まれてきてくれてありがとう。

                                 母より
posted by: 宝の箱 | 愛する娘、宝へ | 18:40 | comments(0) | - |

保育園、入園おめでとう

愛する娘、宝へ


今日、お前が保育園に入園したことを初めて知りました。

お母さんは一緒に入園式に行けなくて残念です。

でも、安心もしました。

たくさんのお友達と遊べる環境が、お前を大きく育ててくれるでしょう。お家に閉じこめられているよりは遥かにマシです。

もうお友達ができましたか?

お母さんは、今日はお父さんとの話し合いの日でした。

お父さんは相変わらずですが、お母さんは一日も早くお前の元に戻ろうと思います。

まずは、今週の土曜日に会いましょう。

本当に久しぶりに会えるのでお母さんは楽しみです。

じゃあ、明日も元気にお友達と遊んでください。おやすみなさい。


                             母より
posted by: 宝の箱 | 愛する娘、宝へ | 21:47 | comments(4) | - |

相生の桜

20070404_120107.jpg


愛する娘、宝へ


今日はお母さんとお父さんが結婚式を挙げた日です。

三年前の今日は晴天で満開の桜の下でみんなに祝福してもらえました。


宝、お前はこの相生の桜のようにお父さんとお母さんが結ばれて、そして生まれました。

お父さんもお母さんも宝を愛しています。

けれども、お前を振り回してしまっていますね。

本当にごめんなさい。

お母さんは今日から親業というカウンセリングの仕方を学び始めました。

お父さんとお母さんに振り回される宝の心をぶつけてください。

お母さん、お前をしっかりと受け止めます。


posted by: 宝の箱 | 愛する娘、宝へ | 23:02 | comments(1) | - |

クリーンビーチ

20070310_97696.jpg


愛する娘、宝へ


今日は本当にいい天気ですね。

お母さんは会社の皆と海のゴミ拾いのサークルに参加をしました。

広い砂浜だけど結構、ガラス破片とかタバコの吸い殻とかが、たくさん捨てられているんですよ。

お母さんは改めてマナーの大切さを考えようと思いました。

砂浜を安心して素足で宝たちが歩けるように。

海のさざ波に癒されながらお母さんはゴミを拾いました。

posted by: 宝の箱 | 愛する娘、宝へ | 09:18 | comments(0) | - |

日本を美しくする会

愛する娘、宝へ


今日は寒い一日でしたね。
お母さんは少々風邪気味です。
宝は風邪をひいてはいませんか?
気候が定まらないから用心してください。
お前はお母さんに似て風邪をひきやすいから。まったく変なところが似るものです。

お母さんは今日は社員研修で市役所のトイレ掃除をしました。
「掃除に学ぶ会」「日本を美しくする会」の方々に掃除の仕方を教わったのです。

宝。考えてみるとお母さんは35年間生きてきましたけど、公衆トイレの掃除をするのは初めてです。

一口にトイレ掃除といっても実に奥が深いのです。
この研修を受け続けるとお母さんみたいなだらしのない要領の悪い人間でも、少しは開けていくように感じました。

不思議ですね。お母さんは今、本当に不思議な気持ちでいっぱいです。

この会社に手伝いにきたのは、偶然ではなく必然であったのではないかと思うからです。
お母さんが今、1番学ばなければならない事が学べるのですよ。
しかも、掃除リーダー資格までとる勢いなのです。

宝。やはりこの世の中に偶然というものはないのかもしれません。

いま、宝と離れているけど、これはお母さんにとっての学びの時期であるのでしょう。

宝には寂しい思いをさせますね。

お母さんも寂しいです。

でも離れている時間も決して無意味で無慈悲なものではないのだと強く思います。

宝にとっても意味のある時間なのだと思います。

この時間があるからこそお母さんと宝の結びつきは、いっそう強くなる。そう思いませんか?

宝。お前の母として私はさらに大きく強く成長します。

お前と一緒に掃除ができる日が楽しみです。


さあ今夜もそろそろ寝る事にしましょうか。

おやすみなさい、宝。よい夢を。


母より。
posted by: 宝の箱 | 愛する娘、宝へ | 22:57 | comments(0) | - |

今年初の桜を見ました

20070306_94827.jpg



愛する娘、宝へ


今日も晴れていたかと思ったら大雨で雷まで鳴って、おかしなお天気でしたね。

雨が止みかけた頃、久しぶりにお祖母ちゃんお祖父ちゃんと外食しましたよ。

お店の駐車場の脇に植えられている桜が満開で、お母さん達は驚いてしまいました。

桜が愛でられたのは嬉しいけど、これも温暖化の影響かと思うと複雑です。

お父さんの仕事にも随分影響がでているようですね。

今からこんなに価格が安すぎては、この先が思いやられますね。

お父さんが、苛立つのもわかります。

宝。お母さんは、お父さんの仕事にたいする情熱を尊敬しています。

ならなんで、離れてしまったのかとお前は聞くでしょうね。

本当になんで離れてしまったのか。お母さんも考えました。

お父さんにとって、お母さんを尊敬できるところがどこにもなかったのではないかと思います。

お父さんには明日しか見えていないようです。

5年先10年先がお父さんには見えないようです。

お母さんは反対に明日よりも5年先10年先を見てしまいます。

お母さんとお父さん、足して2で割ればちょうどいいのかもね。


今夜はこの辺にしておきましょう。

もう、寝ているでしょうね。

いい夢を。おやすみなさい。


         母より。
posted by: 宝の箱 | 愛する娘、宝へ | 23:23 | comments(0) | - |

母より、娘、宝に贈る初めての手紙

愛する宝へ。


お前に伝えたい想いを、お母さんはここに手紙としてしたためていきたいと思います。

宝。今日は、どんな事をして遊びましたか?

外は風が強かったけど、思ったよりお天気が悪くならなくて良かったね。

お前のいる所は、さぞかし砂嵐がひどかったことでしょう。

今日は、お外では遊べなかったかな?

お母さんも、だいぶ新しい仕事に慣れてきました。

お母さんが、今まで生きてきて得てきたものを活かさせてくれる。そんな職場で、本当にありがたく思います。

宝。これだけは、しっかりと心に刻んでください。

お前は自由なのだと。

お前は、何者にも束縛されることもなく自分の考えで、自分の意思で生きられるのです。

お母さんにもお父さんにも、お爺ちゃんお祖母ちゃん、『家族』というものに縛られてはいけません。

自分の目を見開いて生きなさい。

そして生きることに迷った時、立ち止まって振り返りなさい。

そこに何が見えますか?

お母さんもお父さんも宝の変わりにはなってあげられません。

宝は宝です。

けれども、お前が迷って立ち止まった時。

振り返ったお前を抱きしめてやることぐらいはしてあげたい。

そして、宝がまた一歩、自分の足で前に踏み出していく姿を見つめていたい。

親子というのは不思議なものですね。

つかず離れず、こうして生きて行くのでしょうね。

本当にどんなご縁で親子としての生を受けたのか。

私は今生からいなくなる日まで、宝の母親なんですね。

いいえ、私がいなくなってしまっても、宝の記憶の中で母親という存在は生き続け、宝がいなくなった後も子孫のその血の中に私は受け継がれて行くのですね。

なんだか不思議な話になってしまいました。

今夜はこの辺で筆を置きます。

時期外れのインフルエンザが流行っているようです。用心して、次に会うときも元気な顔を見せてください。


                                    母より。
posted by: 宝の箱 | 愛する娘、宝へ | 21:33 | comments(0) | - |